スタジオ内部初公開!DIYはじめます。

全て手作り

前回物件が決まって事務所を借りられるところまでお話ししました。
内装を整えて、家具類、備品を揃えて、機材をいれてスタジオとして使えるようにして行く必要がありますが、引き渡しまでは作業もできないので、作業をイメージしながら必要なものを揃えたりしていました。その結果、今回は、全ての作業を自分でできる範囲と踏んで内装屋さんにはお願いしてません。

自分の見通しの甘さを思い知らされる

まずはこちら。

<写真>iPhoneなのでちょっと狭いですが

引渡し前の状態です。この状態の時に契約を決めたわけですね。

左右に棚が写っています。実は右側の手前にも写ってませんが大きな棚がありました。
事前にこれらの棚の撤去をお願いしており、当然棚の後ろからは他と同じ漆喰の壁が見えてくるはず!と想定していましたとも。

そしてこれが現況です。

<写真>こちらは16mmで撮影したのでだいぶ広く撮れてますね。

棚は撤去されています。しかし!

立ちはだかる灰色の壁

もともと棚のあった左側(北側)の壁と右側(南側)の壁が躯体むき出しで廃墟スタジオ状態です。
事前の目論見では、棚の後ろは漆喰でペンキ塗りだけで完了の予定でしたが、壁の処理を何か考えないといけません。

取りうる方法としては

①なにもせず廃墟的に利用する
②このまま白ペンキを塗ってしまう
③モルタルを塗る
④板を貼り木の壁にする

悩ましいですが、最終的な仕上がりを考えると③できっちり施工した方が良さそうです。

棚の跡地


北壁の床の部分のアップです。棚の跡地が凹んで、以前の床材が見えています。

さらにビジネスホン用の配線が穴の空いた床から出ています。
この凹みと穴の処理、配線の出し方は検討必要です。電話関連の配線がここから出ているということは、インターネットの配線はこの辺から出さないといけない気配。なるべくさりげなく処理したいですね。NTT工事が来るまで手をつけずにおくことにします。

総合的に、棚は残置して棚に壁を貼った方が早くて安くて綺麗だったかもしれません…。とほほ。

今後の進め方

今後の進行はおおまかに以下のような感じになりそうです。

①北と南のむき出し部分にモルタルを塗って綺麗にする(2日)
②天井・壁のペンキ塗り(2日)
③床の穴埋めと配線の処理、床塗装前の掃除(1日)
④床塗装(1日)
⑤予備日(1日)

なんとか1週間で収めたいです。

開業日予告!

このまま他に事件がなければ7/18(木)を開業日とする予定です。さて、どうなることやら。

最後に

一応お断りしておきますが、これはカメラマンとそのスタジオのブログです(笑)DIY部分などは適度に端折りつつ、悪戦苦闘ぶりが伝わればいいなと思っております。
ご報告はブログとツイッターでもしていこうかと思います。
スタジオアカウントはこちら

ご質問などありましたらお気軽にお問い合わせくださいませ。

投稿を作成しました 16

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る
%d人のブロガーが「いいね」をつけました。