会社を辞めて1年・・・今もニートみたいな生活してます(爆)

Taichiです。

前の会社を辞めてからまもなく一年経つなあ。ということでなんとなく思いついたことをだらだら書いていきます。そう言うシーズンです。ちゃんと期が変わるまで会社にいたのは我ながら偉かった。こういう時期にこういう話ができるし。

さて、おかげさまで、やりたいことだけやって楽しい毎日を過ごしております。

たまに会社組織に属してた自分が懐かしく思い出されますが、戻りたいと思ったことは1度もありません。ボーナスは羨ましいですけどね。

春が来れば思い出す

去年の今頃の事を思い出してみると、完全なニートでした。

当時は1ヶ月の転職準備休暇期間中(有給)で、「有給1ヶ月ラッキー!」とばかりに、なんとなくぼーっとしたり、毎日スプラトゥーンで遊んだり、あてもなくバイクで出かけたり、気ままにダラダラしてました。
40超えたオッサンがある日を境に平日の真昼間にバイクを洗車してるんですから、周りから見たらリストラ感半端ないわけで、それで親と近所の目に耐えられなくなってくると「転職活動」と称して出かけ、漫画喫茶で時間潰したりするわけです。
今考えると全く何の役にも立たない1ヶ月でしたが、これはほら、自らを追い込んで不安を増幅させて行動のバネにする夏休みの宿題を最終日にやるのと同じメソッドな訳です(嘘)
1年前にはそんなニート生活を送っていた私ですが、実は今も似たような生活を送っています爆

スタジオニートの実態と展望

今や大人気スタジオ(当社比)となった我がスタジオ。
そもそも「家賃と経費が払えれば新宿に事務所がタダで持ててラッキーじゃね?」という思想なので、スタジオで大きく稼ぐつもりも、稼げるわけもないとタカをくくって、完全立会いをうたってスタジオ運営をスタートしました。
ところがおかげさまで、当初の目論見を大きく上回り、今や休みは月一回あれば良い方で、撮影の仕事も入れられない状態。レンタルが増えるということは、同じだけ私が事務所にいることになるわけですよ!立会いなので。

最近長時間のご利用が増えてきて、事務所で過ごす時間がどんどん長くなってます。今月はご利用時間の合計が160時間を超えています。
160時間って言えばだいたいサラリーマンで残業なしの1ヶ月分ですよね。その間一人で3畳間にいなければいけないわけですよ!打ち合わせも無ければ外にランチにもいけません。ちょっとした●ソナルームです。

三畳の事務所には、パソコン机と機材しかないので、できることは限られます。
納品やレタッチの作業や動画の編集がある日はそれをやりますが、そうでない日はPhotoshopなどの勉強をしたり、ブログ書いたりしてます。それも飽きるとあとはネットサーフィンしたり、本を読んだり、外を眺めたり、Amzonで映画をレンタルしたり、NETFLIXでクィア・アイを見るくらいしかやれることがないんです。電子書籍の漫画を買いすぎて漫画喫茶状態だし。夢のような商売といえばそうなんですけど、毎日8時間とか12時間になってくると、そりゃあキツイわけです。

そんなわけで、スタジオは調子良いんですが、調子が良すぎて、やってることは引きこもりかニートに近く、1年前と実はそう変わらないという…笑

じゃあ無人運営にしてしまえ!そう思うんですが、うちのスタジオは床や機材の維持などとても手間が掛かるんですよね。もう少し始末のいい作りにしておけばよかったと後悔してますが、良い知見にはなりました。この辺のことは、おいおい「スタジオの作り方」の方にまとめていきますが、うちのスタジオに関しては、その手間のかかってる感が他のスタジオに対する差別点でもあるので、今のところ有人運営は絶対必要なのです。

それなら人を雇えば?
というのも考えますが、毎日稼働時間が違う上、予約が入っていない日には必要ないので、自分の休みを確保するだけならまだしも、完全に人に任せるのは割と難しいですね。部分的に任せても必ず穴ができて、結局自分がフォローする必要があるし、フォローのためにどこにも出かけられないんじゃ本末転倒で、しばらくは自分だけでやる方が確実です。

と言った感じで、スタジオニートはしばらく続きます。
人に話すときは「ネットしたり漫画読んで気が向いたら写真撮るだけでお金が貰える仕事だよ。羨ましいでしょ!」って言う事にしてます(笑)

でも何も考えてないわけではないんですよ。

もっと楽したいではなく、もっと楽しくしたい。

スタジオも調子よく、写真のお仕事もそこそこいただいているものの、本人的にはもっとカメラで稼ぎたいと思ってます、スタジオが忙しすぎて作品撮りすらままならない現状が少し歯がゆいし、スタジオニートは脱却したい。

脳死状態でお金が入ってくるのは楽でいいんですけど、せっかく会社辞めて自由なのに、このままじゃつまらない。私は楽に稼ぎたいわけではなく、楽しく過ごしたいと思ってるので、スタジオの運営改善や、雇用など、いろんな問題を解決してもっと楽しくできるように、新しい計画を練っています。とてもワクワクする内容で、今すぐにでもお話したいのですが、それはもう少し具体的になってから。今は仕込み中で今期中にはなんとか目鼻がつくかなと思ってます。
このままスタジオニートに甘んじるわけにはいきませんからね!

次回予告

そんな中、この半年強、スタジオを運営してて気づいた事がたくさんありまして、特にカメラマンがスタジオをやる利点って山ほどあるんです。
これまでブログでは秘密にしてたんですが、次回はその辺の知見を共有しようと思ってます。

次回「カメラマンが貸スタジオを持つと利点しかない(仮)」お楽しみに!

投稿を作成しました 52

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る