現行キヤノンユーザーがαとEOS Rで悩んでEOS Rをポチった

フルサイズミラーレス戦国時代・・・。

EOS Rをポチりました。

▶︎今回予約したもの

・EOS R本体
・コントロールリングマウントアダプターEF-EOS R
・RF24-105/F4L IS USM
・バッテリーグリップ(BG-E22)

424,170円!!

▶︎スペックの話はほとんどしません

なぜ僕がαではなくEOS Rを予約したのか。ここでは細かいスペックを並べて○○を買うべき!みたいな話ではなく、こういう思考でEOS Rを選んだ人もいますよという話をします。
どっちがどれだけ優れてるって話は僕がしなくてもイイでしょうし、本番はオリンピックイヤーでしょう。

▶︎ミラーレスは必要か?

将来的にミラーレスになるだろうけど、まだ慌てる時間じゃない。最終的に勝ち馬に乗ればいい。だけどミラーレスの機能は早く使ってみたい。主に瞳AF。
キヤノン派がどんどんαを導入してる。自分も瞳AF使いたい。これまではα一択だったけどキヤノンからフルサイズミラーレスが発表されたからどっちか買ってみることにしよう。

▶︎αとEOS Rどっちにするか。

ぱっと見の数値的な比較でいうとどちらも一長一短で、若干αの方が良さそうな感じだし、世界にナレッジがたまっているαならまあ安心。でも新しいチャレンジがたくさんありそうなEOS Rと一緒にチャレンジしたい気持ちもあるなあ。

▶︎余計な心配はしたくない

仕事用のシステムを構築する場合、レンズからボディまでワンストップでサポートを受けたい。
とすると、

αに乗り換える=SONY純正レンズを揃える

ということになる。
零細なので一気には無理だから、EF・FE混在させながら揃えていく過渡期が発生することになる。その過渡期が心配なわけです。

レンズが使えるっていう話と、運用できるって話は別で、

「オートフォーカスが動きません!」ってなった時に3社の機械を疑わなければいけないのは仕事用の道具としてはちとツライ。将来的なことを考えるとちょっと二の足を踏むことになりそう。

大儲けして全部買うという解決策もありますが、今のところ赤字経営なもんで。

▶︎決め手はバッテリー

EOS RはバッテリーがLP-E6Nで、今自分が使っている5Dmk3でも同じバッテリー。カメラ2台に対してバッテリーを4本持ってます。ようするに毎日充電されたバッテリーがスタジオに転がっている環境があるわけです。
「今日はサブにミラーレス持ってってテストしたいなー」

と思った時に、充電とか余計な準備なしで気楽にカメラバッグに突っ込めるEOS Rが自分には最高な気がしました。
自分的にこれが1番の決め手です。

▶︎現行ユーザーの流出を一定数食い止める機種

僕の目から見ると、EOS Rは、主に現行ユーザー向けで、現行ユーザーである僕がまんまとはまったというわけですね笑。

▶︎その他細かい点

形が好き。
むやみに小さくなくてよかった。もっとでかくてもいいよ!
-6EVは是非体験してみたい。
可変ND付きのマウントアダプターに感激!!
コンティニュアス瞳AFはアップデートされる噂が出たのでなんかいろいろ大丈夫だろう。
50mmを同時発売するのがエライ。(買えないが)
どうせプロ機が出る頃には色々良くなってるんだし、今はツッコミどころが多い方が面白い。
EF-Sレンズも使えてクロップできるのが地味に嬉しい。

▶︎おまけ「スタジオ備品に」

スタジオでEOS R触れるよ!って言ったらスタジオの予約増えないかな。(←よこしま)

▶︎おまけ2「Youtubeデビューしたい」

いまさらαのレビュー動画なんかあげても誰も見ないけどEOS R動画なら需要あるはず!(←よこしま)
発売日か遅くとも翌日には動画があげられるように、モデルさんの手配などして、人物撮影に特化した動画を作る予定なのでお楽しみに!キヤノンさんからはびた一文もらってないので、悪いところは悪いっていうよ!

投稿を作成しました 24

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る