【撮影スタジオの作り方】撮影スタジオ開業3ヶ月を振り返るよ!

Taichiです。今年もあと2ヶ月ちょいですね。

実は、今日で新宿にスタジオを開業してからちょうど3ヶ月経過しました!

おかげさまでなんとか首の皮一枚繋がっております。
今日はデータをもとにスタジオ開業から3ヶ月間を振り返ってみたいと思います。
誰得データですが、お楽しみいただけますかどうか。

▶︎データで振り返るスタジオ開業3ヶ月(10月23日時点)

営業期間:2018/7/24-10/31

営業日数:99日

予約組数:74組

利用時間合計:275h

平均利用時間:3.7h

稼働率 19.9%
※稼働率は深夜パック以外の営業時間(8:00-22:00)を元に算出。

◾︎所感

この数字が良いのか悪いのかはわかりませんが、稼働率は25%を目指してますので、もうちょっとほしいですね。

▶︎儲かってる?

現状自分の人件費や開業費の償却を計上すると大赤字です。

ですが、「年内は月10万円くらいあれば御の字。半年で黒字化」を目標にしていましたので、悲観的になるのはまだ早い感じ。むしろ年内撤退も覚悟していた当初の想定に比べるとだいぶマシですね。

これが続けばいいんですが…。

スタジオは事務所兼用なので、利益率より立地優先で高い家賃覚悟で物件を借りてます。
本当はもっと安いところを借りる方が良いです。今の所稼働率は悪くないですが大儲けはできません。

現状新宿にタダで事務所を持てているというだけなので、収益化に向けて手を打っているところです。

幸い撮影案件も徐々に増えているので、もう少し頑張れそうかなと思っています。

▶︎収益改善のために

収益改善のためには撮影の仕事を増やす以外に

①外部サービス比率を下げる
②稼働率を上げる
の2つが必要です。特に今の所①が課題です!

▶︎目指せ直接予約。外部サービス利用比率について

スタジオの予約はHP経由の他に外部のレンタルスペース系サイト経由のものがあります
実は3ヶ月間の予約成立74組中31組4割が外部サービス経由です。

登録しているサイト

・スペースマーケット

・スペなび

・インスタベース

これらのサービスがなかったら今頃干上がってましたのでとても感謝しています。

各社の予約システムとかよくできてます。ユーザーもたくさん抱えてますし、成果報酬型でノーリスクで使えるので、広告費+システム利用料として考えると、良心的っちゃ良心的です。

ですが!手数料が20%-35%とけっこうな高額。

改めて計算すると、全期間を通して手数料は全体の売り上げの17%程度でした。
血の涙をだばだば流しながら利用しているイメージです笑

この比率を下げられれば収益が一気に改善するので、ひとまず直接予約を増やすことが当面の大きな課題です。
おねがいだから直接予約してください!ちなみに、直接予約が一番お得です。

▶︎グーグル広告について

稼働率を上げるにはどうしたら良いのか。単純なところでは認知度を上げていく他ないかなと思っております。
そういうわけで、9月からグーグル広告を出しています。結構表示され、クリック率も悪くないんですが、コンバージョン(成約率)がめちゃくちゃ低いので、今のところ値段ほどの効果があるように感じられません。今も細々と出して、試行錯誤してますが、どちらかというと名前を覚えてもらったり、知見を貯める意味合いでやってます。
単純に広告クリエイティブの問題もあるとは思いますが、うちのスタジオの商売の規模ではやたら広告費をかけるより、記事作成や動画作成で地道に有益なサイトにすることに注力した方が良さそうです。

▶︎スタジオの維持費について

スタジオの維持に必要なものは

・各種消耗品補充(トイレットペーパー、メイク落とし、ウェットティッシュ、ペーパータオルとか) 1,000円程度。

・メンテナンス日 4,000円程度。

・インフラ系(電気水道インターネット) 月1.5万円程度。
月2万円程度。この商売は仕入れが無いので、リスクの低い良い商売と言えば良い商売かもしれません。

▶︎白床の維持について

床をつや消し全面塗装しているのが当スタジオの特徴で売りと言えば売りなんですが、この維持が想定以上に大変です。

つや消し塗装は表面がざらざらしていて、ちょっとしたヤスリ状態なので、すぐ色移りします。
こまめに塗る以外に維持する方法はなかったのです。

これまでスタジオの床を彩ったモノたち。

・デニム 膝をつくだけで床が青くなる最強の刺客。新品ほど攻撃力が高い

・靴下 色の濃い染め系の靴下がよく漫画みたいな見事な足跡を残していきます。

・三脚・一脚・スタンドの脚のゴム 身を削って本体を守っている。えらい。

・靴底 靴底が削れて跡を残しまくる。一応養生テープを貼ってもらってますが。

・キャスターバッグのキャスター。
・コーヒー これをこぼされると一発で塗り直し。お願いだからこっそり拭いて広げて帰らないでね。
・猫のおしっこ かなり黄色くなります。一発で塗り直しです。ていうかちゃんとわかるんだから、黙って帰らないように笑

特にデニムと靴下ですね。新しいデニムで膝をついたりすると一発で真っ青になりますし、靴を脱いで多少蒸れた状態の靴下も足跡くっきりです。

これらはちまちまと劇落ち君でこすって落とします。

スタジオでお願いしてるのは靴の養生とキャスター清掃のみです。デニム禁止!というわけにはいきませんしねえ。

もし次にスタジオをやるなら磨きのコンクリにすると固く誓っております。

▶︎客層

アマチュア向けに作ったつもりでしたが、お客さんの7~8割が商用です。

また、利用の2割くらいは動画用途です。

メインターゲットとして想定したハイアマ層のニーズが汲み取りきれていないのは元企画屋としては大失態です笑

商用スタジオとしては格安の部類なので、ニッチなスポットにうまくハマったのかもしれません。
ハイアマターゲットで商用利用が多いのは、狙いが少し上に外れたってことなので、結果的にはまあいいかと思ってますけどね。

広告屋さんとか、かなりガチ目の撮影班も多く、機材や環境に対する要求レベルが高いので、要求に応えるための施設改修や機材追加は検討したいのですが、このままの料金では提供できないので、考えどころではあります。

どのみち追加投資できる資金などないのですが・・・。

▶︎なぜうちのスタジオは個人ユースが少ないのか

商用が多いのは良いのですが、そもそもなぜ個人ユースが伸びないのか。
おそらく「ココで撮りたい!」と思ってもらえるキャッチーなシーンがないからでしょうね。
Twitterのフォロワーも伸びませんが、めげずにやっていきます。

▶︎スタジオ利用シーン

ココで、これまで3ヶ月でご利用いただいた利用例をご紹介します。
本当は写真を載せられれば良いのですけどね。

◾︎静止画

○アパレルブランドの商品撮影

モデルさんが商品を着用しての撮影。淡々と数をこなすカタログ撮影や、ラフォーレ出店ブランドさんのめちゃくちゃ凝ったライティングでのかっちょいい撮影まで。商品撮影といっても幅が広いですね。

○ファッション誌のモデル撮影

自然光で、何の色付けもないが、白ホリでは出せないほのかな部屋感。うちの背景が最も生きる(と思ってる)使用例です。

○個人でのモデル・コスプレ・創作撮影
○ねこ雑誌撮影
○ペット撮影
○ウエディング前撮り
○ファミリー写真撮影
○撮影会
○アイドル・インディーズアーティストの宣材
○大学ミス&ミスターコンテストパンフレット
など

◾︎動画

○ミュージックビデオの収録
○テレビ番組のコーナー収録
○インタビュー動画収録
○フィットネスインストラクト動画

など

▶︎撮影スタジオ経営を考えてる人へ

まだ3ヶ月ですし、今の所オススメともやめとけとも言えませんが、余ってる物件があるならやる価値はあると思います。ツボを抑えればミニマムな投資で、ある程度稼げるスタジオにできると思います。ご用命いただけばプロデュースしますよ!

こんな情報でよければ定期的にご紹介していきます。もしご質問などあればお気軽にメールください!

投稿を作成しました 55

関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る