副業カメラマンのはじめ方<出張カメラマン編その2 準備>

Taichiです。
前回まあ簡単っすよ。的な感じで終わらせましたが、実は出張撮影はめちゃくちゃ大変です。

でも、初めてでもツボを押さえた準備を少しするだけでスムーズに進められます!
出張撮影は技術的なことを除けば、プロカメラマンに必要なすべての要素が詰まってます。
ここでは引き続きファミリー撮影を想定しています。

▶︎出張撮影は大変!

想像してみてください
・初めての場所で撮影
・撮影場所を決める
・初めて会うお客様を撮影
・カメラマンがリードしつつ撮影
・お客様と成果の方向性をすり合わせながら撮影
・お客様を気遣いながら撮影(暑い寒い疲れた飽きた荷物どこ置く、そもそも楽しませる)
・構図を考える
・光の向き、高さ、通行量など現場状況の変化に対応しつつ撮影
・撮影意図に合わせたピント位置、しぼり、ホワイトバランスの選択
・突発事項に臨機応変に対応

これらを初めから終わりまで一人でこなさねばなりません(もちろんアシスタントを連れていってもいいんですが)しかも笑顔で!(←これ重要!)

吐きそうになりませんか?

(私は汗っかきで、初めての出張撮影の時、緊張とポカポカ陽気と想定外の連続で、ファインダーが覗けなくなるレベルの滝汗で撮影してました。お客さんに心配されるレベルで、それがお客さんの緊張をほぐしたみたいで撮影はうまくいきましたが、思い出しても吐き気がしそうです笑)

初めてのあなたがぶっつけ本番で臨んでも絶対良い結果は得られません。それならできるぜ!というあなたはここで卒業。

▶︎事前の準備があなたを助ける

前項のリストの中で、事前にやっておけることがいくつかあります。
プロのカメラマンとしてお客さんに喜んでもらえる写真を撮って帰れるか、その第一歩がこの準備です。

▶︎▶︎撮影前までにすること

▶︎お客様の情報収集

・撮影内容は?(家族写真、お宮参り、マタニティ、バースデー、ピクニックの同行などなど)
※ここでは家族写真とします。
・人数は?構成は?
・希望の撮影イメージは?
・お子さんの年齢、性格は?(集中できる時間は?人見知りするか?)
・ペットはいる?

Point!>事前のやりとりを密にする事、お客様も緊張してますし心配してます。返信は早く。

お客様がなんであなたに依頼したかというと、「こんな写真をとってほしい」という希望があるからです。あなたがとてつもなく有名なカメラマンならお任せします。になりますが、そうではないと思います。(どうやったら選ばれるか。みたいな話は次回にまとめますね)

家族写真ですって話を聞いて特に確認せずに行ってみたら、おじいちゃんおばあちゃん親戚が次々参加して15人に増えてたとか、子供が3人ですって言われて行ってみたらそれは犬の事だった。なんてことは有ります!当日絶対テンパります。
連絡を密にして、必要な情報はしっかり聞いておくようにしましょう。

▶︎撮影のイメージを固める

収拾した情報を元に、撮影イメージを事前に考えておきましょう。
写真集、雑誌、インターネットでの画像検索すればあっという間にサンプル画像は山ほど集まります。
 お客様の家族構成などに合わせて、喜ばれそうな構図をピックアップします。
ロケーションの特徴的な風景も調べておき、それらを組み合わせればハイ出来上がり。
 これらの画像をスマホにダウンロードして、アルバムにしておくと便利ですよ!(実践編でも使用します)

Point!>一度アルバムを作っておけば、似たような撮影の時にはすぐ使えるので便利ですし、自分の頭の中に記憶されるので、とっさの時にいちいち参照しなくても思い出せるようになります。

▶︎ロケハンする

必ずロケハンはしましょう。
ロケハンでは「ここで撮影する!」というスポット候補を5箇所程度押さえます。
私は待ち合わせの1時間くらい前に現場に来て、ざっと回ることにしています。
いまはネットで大体同じこともできますし、便利なアプリもたくさんありますが、実際に行くのが一番です。知ってる場所でも、工事で使えなかったり、イベントで入れなかったりすることが絶対あります。
そんな時、現場ですぐ代替案を見つけられる自信があれば良いですが。

▶︎準備完了

ここまでやっておけば、回る場所と撮影する構図はもうできてるわけです。
あとは決めた通りに撮影するだけです。!
とてもスムーズですし、自信をもってお客様をリードして撮影を進められて、お客さんからの信頼度も上がります。

▶︎次回実践編予告

いよいよ次回は撮影です!できそうな気がしてきましたね!!楽そうでしょ?


投稿を作成しました 30

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


関連する投稿

検索語を上に入力し、 Enter キーを押して検索します。キャンセルするには ESC を押してください。

トップに戻る